リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、身体の機能にダメージをこうむった人のリハビリテーションと同じように、顔などの外観にダメージをこうむった人がもう一度社会生活を送るために修得する手法という側面があります。

全身に張り巡らされているリンパ管と並行するように動いている血の動きが滞ってしまうと、栄養や酸素などがうまく配られず、最終的には不要な脂肪を多く着けさせる誘因となります。

日本皮膚科学会の判定の目安は、①激しい痒み、②独自の皮疹とその場所、③慢性及び反復性の経過、3項目ともチェックが入る疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)」と言っている。

アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー症状と関係しているものの中で特に皮膚の継続的な炎症(かゆみ等)が出現するものでありこれも皮ふ過敏症の一つだ。

なんとかできないものかとの一心からやみくもにマッサージをする人がいらっしゃいますが、特に目の下の皮膚は敏感なので、ゴシゴシと強く手を動かすだけのマッサージであれば良い効果は期待できません。

普段からネイルの調子に気を付ければ、軽微な爪の異変や身体の異常に対応して、もっと自分に見合ったネイルケアを作り出すことが可能なのだ。

更に日々の暮らしのストレスで、心の中にまでも毒物は山のごとく降り積もり、同時に身体の不調ももたらしてしまう。「心身ともに毒だらけ」というような意識が、人々をデトックスに駆り立てているのだ。

中でも夜の歯のブラッシングは大切。蓄積されたくすみを取るため、夜はきちんと歯磨きをしましょう。ただし、歯みがきは何度も行えば良いわけではなく、1回のクオリティを上げることが大事なのです。

シワのない肌に欠かせないコラーゲンは、特に夏の強烈な紫外線に当たったり様々な刺激を与えられたり、人間関係など精神的なストレスが徐々に積み重なったりすることで、破壊され、遂には生成することが困難になっていくのです。

唇の両端がへの字型に下がっていると、弛みは徐々に目立つようになっていきます。にこっと口角を持ち上げた笑顔を意識していれば、たるみ予防にもなるし、何より人に与える印象が美しいと思います。

紫外線を浴びて大きくなったシミをどうにかして薄くしようとするよりも、できてしまわないようにあらかじめ防いだり、肌の奥に潜むシミの予備軍を防御することの方が肝要だということをお分かりでしょうか。

動かずに硬直したままでは血行も悪くなりがちです。挙句、下まぶたを始め顔全体の筋力が衰えます。そこで顔の筋肉もよくストレッチをして、時々緊張を解してあげると良いでしょう。

どこにも問題のない健康な体にもみられるむくみだが、これは当然のこと。女の人は、夕方のふくらはぎの浮腫を嫌がっているが、二足歩行の人間なら、下半身が浮腫むのはいたしかたのない状態なので気にしなくても良いのである。

美容外科というものは、いわゆる外科学の一種であり、医療を目的としている形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは異質のものである。加えて、整形外科とも間違われやすいのだがこれとはまったく違う分野のものである。

中でも夜の歯磨きは大切。“蓄積くすみ”を取るため、寝る前はきちんと歯みがきすることをおすすめします。歯のブラッシングは回数が多いほど良いわけではなく、質を向上させることが肝要です。